引越しトラック 大きさ 道幅

引越しトラックの大きさと道幅

引越しトラック 道幅

 

引越しトラックの大きさはいろいろなサイズのものがありますが、大きいトラックのほうが経費がかかります。
荷物がすべて乗せられる一番小さいサイズのトラックがオススメです。

 

トラックの大きさは荷物の量だけでなく、物件に面する道路の幅にも注目してください。
トラックの大きさと道幅の関係は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

日本は平地が少ないため、狭い道路が多いです。
都会はトラックを停める場所もないこともあるので、どこにトラックを停めて引越し作業をするかも考えておかなければなりません。