沖縄 引越し業者

引越し業者を沖縄で選ぶ1番簡単な方法

引越し業者 沖縄

引っ越し 業者 沖縄

引越し 価格 沖縄

引越し 費用 沖縄

引越し 相場  沖縄

 

沖縄の引越し業者を検索すると、190件以上ヒットします。

 

こんなに沢山の引越し業者の中から、1社だけに絞りこむのはなかなか大変です。
しかし、引越し費用は会社によって結構違うので、比較しないで決めるのはもったいないです。

 

引越し料金は、荷物の量と移動距離で決まります。

 

荷物の量が多ければ大きなトラックと多くのスタッフが必要になります。
移動距離が長ければ、ガソリン代と運転するスタッフ2人以上が必要になります。

 

引越し業者 沖縄

 

引越し料金を少しでも安くしたいなら、複数の引越し業者から見積もりを取って比べるしか方法はありません。

 

今はパソコンやスマホで一括見積もりができます。

 

運んで欲しい家財や物件にエレベーターがあるかなどの情報を1回入力するだけで、最大10社から見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

大手から地元の小さな会社まで、最大200社以上が参加しています。

 

相場はもちろん、最安値の業者を探すのも簡単にできます。

 

サービスや引越し費用など、いろいろ比較して1番良いと思う業者を見つけてくださいね。
簡単便利な一括見積もり、利用料は無料ですのでぜひご活用ください。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

引越し時期と費用の関係

 

引越し繁忙期

 

引越しには1年で一番忙しい繁忙期があります。
繁忙期は通常期に比較すると引越しの費用が高めに設定されています。

 

では繁忙期はいつなのでしょうか?

 

日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生・新社会人は3月に一斉に引越しをします。

 

さらに春の人事異動で転勤となったサラリーマンやその家族も3月に引越しします。

 

そういうわけ1年で一番忙しい繁忙期というのは、ズバリ3月のことです。

 

毎年繁忙期に備えて、引越し業者はスタッフを増員したり、効率を上げてまわったり努力するも、日に寄っては手が回らないこともあります。

 

繁忙期の土日祝日は特に、引越し準備が遅いと引越し希望日に業者が見つからないなんてこともあり得るわけです。
もし3月に引越しするのであれば、新居が決まったらすぐに引越し業者一括見積もりをしましょう。

 

繁忙期でも安い業者高い業者はあります。
比較して少しでも安い業者、サービスの良い業者を探して契約しておきましょう。

 

 

引越しの手順を知っておこう

 

引越し手順

 

引越しは沢山することがあるので、おおまかな手順を確認しておくと便利ですよ。

 

新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
荷物を梱包し、不用品は処分する。
市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
郵便局へ転送の手続き
引越し当日
市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
荷解き
免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

このように羅列すると、することがたくさんあるように感じますね。
しかし実際は時期がずれていますので、ちょっとずつなのです。

 

さて引越しといえば、「引越し業者を決める」のが重要項目ですが、これはまず新居が決まってからでないと意味がありません。
引越しの費用は、新居のエレベーターの有無やトラックを停められる位置などによって異なるからです。
引越し料金が正確に算出できるのは新居が決まってからですので、まずは新居を決めてそれから見積もりを取りましょう。

 

次に不用品を処分しましょう。
引越し料金は荷物が多いほど高くなります。できるだけ荷物を減らすことで引越し費用を減らすことができます。
売る・あげる・捨てるなど処分するにも時間がかかるので、これはできるだけ早めに動きましょう。

 

引越し2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外引越しの場合は転出届を出します。
転出届を出さないと新居での手続きが進みませんし、出し忘れると出しに戻るか郵送してもらわなければならないので、ちょっと面倒になります。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などは、引越し日までの料金を日割りで精算してもらうことができますので、まずは各会社に連絡しましょう。
もし同じ市内への引越しであれば、同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるように手配をしてもらいましょう。

 

新居に郵便物が届かないのは困りますね。
最寄りに郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自分で運びましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届を出しましょう。
こちらも引越し後2週間以内に行ってくださいね。
これで選挙など、大切なお知らせが届きます。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・各種保険などの住所変更手続きをしましょう。
これらは時間が経つとうっかり忘れてしまうので、早めに行ってくださいね。

 

 

 

奈良 引っ越し業者