沖縄 引越し業者

引越し業者を沖縄で選ぶ1番簡単な方法

引越し 見積もり 沖縄

引越し 平均 沖縄

引越し 料金 沖縄

引越し 格安  沖縄

引越し 安い 沖縄

 

沖縄の引越し業者を検索すると、約170件ヒットします。

 

こんなに沢山の引越し業者の中から、1社だけに絞りこむのはなかなか大変です。
しかし、引越し費用は会社によって結構違うので、比較しないで決めるのはもったいないです。

 

引越し料金は、荷物の量と移動距離で決まります。

 

荷物の量が多ければ大きなトラックと多くのスタッフが必要になります。
移動距離が長ければ、ガソリン代と運転するスタッフ2人以上が必要になります。

 

引越し 価格 沖縄

 

引越し料金を少しでも安くしたいなら、複数の引越し業者から見積もりを取って比べるしか方法はありません。

 

今はパソコンやスマホで一括見積もりができます。

 

運んで欲しい家財や物件にエレベーターがあるかなどの情報を1回入力するだけで、最大10社から見積もりを取ることができます。

 

引越し 相場 沖縄

 

大手から地元の小さな会社まで、最大200社以上が参加しています。

 

相場はもちろん、最安値の業者を探すのも簡単にできます。

 

サービスや引越し費用など、いろいろ比較して1番良いと思う業者を見つけてくださいね。
簡単便利な一括見積もり、利用料は無料ですのでぜひご活用ください。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越し時期と費用の関係

 

引越し繁忙期

 

引越しには1年で一番忙しい繁忙期があります。
繁忙期は通常期に比較すると引越しの費用が高めに設定されています。

 

では繁忙期はいつなのでしょうか?

 

日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生・新社会人は3月に一斉に引越しをします。

 

さらに春の人事異動で転勤となったサラリーマンやその家族も3月に引越しします。

 

そういうわけ1年で一番忙しい繁忙期というのは、ズバリ3月のことです。

 

毎年繁忙期に備えて、引越し業者はスタッフを増員したり、効率を上げてまわったり努力するも、日に寄っては手が回らないこともあります。

 

繁忙期の土日祝日は特に、引越し準備が遅いと引越し希望日に業者が見つからないなんてこともあり得るわけです。
もし3月に引越しするのであれば、新居が決まったらすぐに引越し業者一括見積もりをしましょう。

 

繁忙期でも安い業者高い業者はあります。
比較して少しでも安い業者、サービスの良い業者を探して契約しておきましょう。

 

 

引越しの手順を知っておこう

 

引越し手順

 

引越しは沢山することがあるので、おおまかな手順を確認しておくと便利ですよ。

 

新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
荷物を梱包し、不用品は処分する。
市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
郵便局へ転送の手続き
引越し当日
市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
荷解き
免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

このように羅列すると、することがたくさんあるように感じますね。
しかし実際は時期がずれていますので、ちょっとずつなのです。

 

さて引越しといえば、「引越し業者を決める」のが重要項目ですが、これはまず新居が決まってからでないと意味がありません。
引越しの費用は、新居のエレベーターの有無やトラックを停められる位置などによって異なるからです。
引越し料金が正確に算出できるのは新居が決まってからですので、まずは新居を決めてそれから見積もりを取りましょう。

 

次に不用品を処分しましょう。
引越し料金は荷物が多いほど高くなります。できるだけ荷物を減らすことで引越し費用を減らすことができます。
売る・あげる・捨てるなど処分するにも時間がかかるので、これはできるだけ早めに動きましょう。

 

引越し2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外引越しの場合は転出届を出します。
転出届を出さないと新居での手続きが進みませんし、出し忘れると出しに戻るか郵送してもらわなければならないので、ちょっと面倒になります。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などは、引越し日までの料金を日割りで精算してもらうことができますので、まずは各会社に連絡しましょう。
もし同じ市内への引越しであれば、同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるように手配をしてもらいましょう。

 

新居に郵便物が届かないのは困りますね。
最寄りに郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自分で運びましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届を出しましょう。
こちらも引越し後2週間以内に行ってくださいね。
これで選挙など、大切なお知らせが届きます。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・各種保険などの住所変更手続きをしましょう。
これらは時間が経つとうっかり忘れてしまうので、早めに行ってくださいね。

 

 

引越しのあいさつ

 

引越し 沖縄 挨拶

 

引越ししたら挨拶に行きましょう。

 

最初に行かなければそのまま何年も過ごすことになりますから、引越しの挨拶は当日か翌日に行ってくださいね。
引越し作業でトラックが道路を塞いだり、ドタドタ足音が響いて申し訳ありませんという謝意も込めています。

 

タイミングを逃すと行くのが面倒になりますし、先に駐車場や道路でバッタリ会ってしまいより一層行きにくくなってしまいます。

 

マンションなら上下左右の部屋の方に、一軒家なら向こう3軒両隣に挨拶しましょう。
手ぶらで行かれる方もいますが、初対面ですから簡単な手土産を用意すると行きやすいですよ。

 

手土産はお菓子・お茶・タオル・洗剤などの消耗品で500〜1000円くらいのものがオススメです。

 

 

引越しにかかる初期費用とは?

 

引越し 初期費用

 

引越しにはいろいろとお金がかかりますね。
引越し代と物件の契約料は中でも高額になりがち。

 

マンションやアパートを初めて借りるという方は、入居時にかかる費用についてわかりにくいと感じるかもしれません。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

敷金は物件を退去するのに、汚れた壁紙や傷んだ箇所などを補修する費用で管理会社に預ける形になっています。
部屋を綺麗に使っているか退去時に確認され、使わな買った分は返還されます。
しかし契約内容によっては、返還しないことになっている場合もありますので、入居の前に契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたもので、指定されている場合は支払う必要があります。
ただ最近は賃貸物件も多くなり、空き屋にならない工夫として「礼金ゼロ」という物件もあります。
部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、礼金ゼロにしている貸主さんの配慮ですね。

 

さらに物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人か貯金ができる人かどうか確認する意味合いもあります。
逆に1か月フリーレントといって、1か月分の家賃が無料ですからぜひうちの物件にお入りくださいという貸主もいます。

 

考え方は人それぞれですね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用のことです。
法律で決まった数字はなく、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって決まっていますので、確認しておきましょう。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えました。
そこで連帯保証会社利用費用を支払って、保証会社に依頼するのが最近の主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入させられます。
なぜなら、例えば隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないからです。
自分の生活を守るためにも、火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行います。前の住人がスペアキーを作っていた場合、やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。費用は1.5〜2万円くらいかかるようです。
契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。契約する前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越しのオプションサービスとは?

 

引越し オプション

 

引越し業者には、別料金がかかるオプションサービスが存在します。
どんなことをしてくれるものがオプションと呼ばれるのでしょうか?

 

以下のようなものが、有料のオプションサービスです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中で依頼が多いのはエアコンの移設だそうです。

 

エアコンは自分で外して新居に設置ということが出来ず、電器屋に手配して移設しなければならないので非常に面倒な家電です。
しかし高価な家電でもありますので、新居に持って行きたいという気持ちもわかります。
引越し業者にオプションで「エアコンの移設」を依頼しておけば、同じくらいの費用で手間が省けますよ。

 

車は自分で運転して運べばいいのに、と運転が好きな人は思われるかもしれません。
しかし運転が得意ではない、高速の運転に自信がない、時間がない方もいます。

 

遠距離の車の陸送を自分でするには、時間があって、体力があって、高速道路も長時間運転もへっちゃらな人でないと難しいですね。

 

運転や体力に自信がない方はオプションで「車の陸送」依頼することになります。

 

荷物の一時預かりなんて、誰が依頼するのかと思われるかもしれませんね。
一時預かりは家のリフォームや建替えなどで一時的に仮住まいに引越しされる方々へのサービスです。
一軒家の荷物を仮住まいに入れるには大きな部屋を借りなければなりませんので、不経済ですから一時的に預かってもらうのです。

 

このようにオプションサービスはずべての人には必要はないけれど、必要な人には便利なサービスなのです。

 

 

 

奈良 引っ越し業者